オーディオブックの選び方とおすすめサービスをざっくり解説します。

TOPICS
TOPICS
記事内に広告が含まれています。

オーディオブックとは

オーディオブックは、声優や俳優などプロのナレーターが読み上げた本を、耳で聴いて楽しむ音声コンテンツです。スマホ、タブレット、パソコンなど、身近にある端末で手軽に読書を楽しむことができます。

オーディオブックを選ぶポイント

オーディオブックを選ぶポイントは、次の4点です。

  • (1)聴きたい本、ジャンルが配信されている
  • (2)料金プラン、支払い方法があっているか
  • (3)アプリの機能と使用感
  • (4)ナレーターの声や朗読スタイル

ひとつずつ説明します。

(1)聴きたい本、ジャンルが配信されているか

オーディオブックは、どの配信サービスでも同じ本を聴けるわけではありません。配信サービスごとに、配信すうの多いジャンルや独自コンテンツの提供など、違いがあります。

目的の本やジャンルが配信されているかを確認し、自分に合ったサービスを選びましょう。

(2)料金プラン、支払い方法があっているか

料金プランには、月額制、チケット制、買い切り制など、さまざまなプランがあります。

支払い方法は配信サービスにより異なります。クレジット決済、キャリア決済など、目的の支払い方法があるか確認の上、配信サービスに登録しましょう。

(3)アプリの機能と使用感

オーディオブックは、専用アプリかインターネットブラウザをつかって聴くことができます。

配信サービスによって、再生速度の変更、ブックマーク、メモ、スリープタイマーなど機能が異なります。必要な機能が備わっているか、事前に確認しましょう。

(4)ナレーターの声や朗読スタイル

ナレーターの朗読により、読書以上の面白さを体験できることがオーディオブックの魅力です。

感情的に朗読するナレーター、抑揚を抑えて静かに朗読するナレーターなど、書籍にあわせて朗読スタイルは様々です。サンプル視聴ができますので、自分が聴きやすく心地よいと感じるかどうか、事前に確認しましょう。

※朗読には相性があります。相性があわないと、ストレスを感じて集中できなくなることもあります。

オーディオブックのおすすめサービス

オーディオブックを楽しむためには、サービス登録が必要です。オーディオブックの人気が高まり、様々なサービスが提供されています。

「audible」と「audiobook.jp」がオーディオブックの配信数が豊富で、利用者が多く人気です。他にも配信サービスはありますが、単品購入やジャンル特化など、特定の目的がない限り、選択肢は人気サービスの2択になると思います。

おすすめは「audible」と「audiobook.jp」

audibleとaudiobook.jpの比較

「audible」「audiobook.jp」の聴き放題プランの比較です。

サービス聴き放題プラン無料お試し期間お支払い方法作品数
audible1,500円30日間クレジットカード
デビットカード
audiobook.jp1,330円14日間クレジットカード
キャリ決済(d払い
ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)

audibleの方が月額がやや高いですが、聴き放題作品数には大きな差があります。月額で判断するのではなく、聴きたい作品が豊富に配信されているか、がサービス選びには重要です。

目的のオーディオブック以外に、2冊目、3冊目を楽しみたいオーディオブックが配信されているかを確認し、長い視点でサービスを選びましょう。

以下のポイントを参考に、サービスを選びましょう。

  • 目的の本がある
  • 配信数が豊富
  • 聴きたいジャンルに強い
  • 料金
  • アプリの操作性

筆者が重視するのは「聴きたいジャンルに強い」です。

聴きたいジャンルに強い が重要な理由

オーディオブックを1冊だけ楽しみたい方はあまりいないですよね(目的の本1冊だけ聴きたいなら単品購入をおすすめします)。

2冊、3冊と聴きすすめるうちに「あれもこれも聴きたい」サービスと、「聴きたいブックがもうない」サービスがでてきます。

聴いたいジャンルに強いサービスを利用していると、次々と聴きたいブックが溢れて、時間がいくらあっても足りなくなります。(筆者はまさにこんな感じ。)

「好きなジャンル」「興味のあるジャンル」に強いサービスを利用すると、月会費以上の満足を必ず得られると思います。

オーディオブックを試してみたい方

オーディオブックを試してみたい方のために「サンプル視聴」「お試し体験」などの無料サービスが提供されています。

気になる方は、無料体験をお試しください。

※「audible」はamazon、「audiobook.jp」はオトバンク、といった大手企業が提供するサービスなので安心です。

▶ audible(オーディブル) 「30日間の無料体験は」こちらから

▶ audiobook.jp 「初回無料体験」はこちらから

オーディオブックを約500作品、5,500時間以上利用中の筆者は、audible(オーディブル)を利用しています。

ここからは、筆者が実際に利用しているaudible(オーディブル)のすすめポイントを説明します。

audible(オーディブル)のおすすめポイント

audibleのおすすめポイントは次の4つです。

  • コスパがよい
  • 聴き放題対象作品が豊富
  • ナレーターがすごい
  • audibleでしか聴けない作品がある

順番に説明します。

コスパがよい

audiobook.jp(月額1,380円)と比較すると、audble(月額1,500円)の方が少し高いです。それでもコスパは良いと感じる理由を説明します。

月額1,500円 12万冊以上の作品が聴き放題

通勤通学(往復約2時間)利用する場合
通勤・通学往復2時間の利用で、1か月に約45時間オーディオブックを聴くことができます。

1か月の視聴時間 約45時間 = 1時間あたり約33.3円

視聴45時間は、5時間のオーディオブック9冊分です。1冊1,000円の書籍9冊を購入すると9,000円かかりますが、Audibleなら1,500円で楽しむことができます。1か月に1~2冊視聴すれば、月会費1500円分の価値以上があるといえますね。

30日間の無料お試し体験

audibleは30日間の無料体験期間があります。オーディオブックを試してみたい方へおすすめです。

無料体験期間中、1日2時間の利用で約5冊(約45時間)試聴することができます。

聴き放題対象作品が豊富

聴き放題作品数 12万冊以上(うち日本語書籍2万冊以上)

聴き放題作品数は、他のオーディオブックサービスと比較しても最多です(※2023年6月現在)。有名作品も多数聴き放題対象となっています。

ナレーターがすごい

人気の俳優や声優が朗読している作品が多数

映画やアニメを見ているかのように、物語に感情移入することができます。

俳優

斎藤工さん、杏さん、他

声優

神谷浩史さん、花澤香菜さん、他

audibleでしか聴けない作品がある

audibleが制作、配信する「ONLY from Audible」の多くの作品は、audibleでしか聴くことができません。(※ごく一部の作品は、他の配信サービスへ提供されています)

「ONLY from Audible」の特徴

  • audibleでしか聴くことができない
  • 有名な俳優、声優が朗読している作品が多数
  • 毎月、多くの作品が追加される

おすすめの配信サービス「audible(オーディブル)」

オーディオブックの配信サービスはたくさんありますが、筆者は「audible(オーディブル)」をおすすめします。

オーディブルをおすすめする理由は、次の5つです。

  • (1)オーディオブック配信数が約40万作品以上
  • (2)聴き放題オーディオブックが12万冊以上
  • (3)いつでもどこでも聴ける
  • (4)語学学習
  • (5)無料体験

(1)約40万冊もの本を音声で聴くことができる

ビジネス書や小説、自己啓発本など、さまざまなジャンルの本を耳で楽しむことができます。

(2)12万以上の作品が聴き放題

月額1500円で12万以上の作品が聴き放題になるプランを提供しています。

また、会員になると、非会員価格の30%引きで単品購入もできます。

(4)いつでもどこでも聴ける

オーディブルは、移動中や作業中にも聴くことができます。

ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーに接続すれば、目や手足は自由のまま、読書を楽しむことができます。

(5)無料体験

オーディブルは、無料体験があります。

Audible公式サイトから登録ると、30日間の無料体験ができます。30日以内に解約すると費用はかからないので、安心してお試し体験をすることができます。

(3)語学学習

オーディブルは、語学学習にも役立ちます。

英語のオーディオブックも配信されており、英語のリスニング学習に活用することができます。再生速度も変更できるので、再生速度を速くしてリスニングの練習をしたり、聴き取れなかった場所の再生速度を遅くして聴き取り練習をすることもできます。

タイトルとURLをコピーしました