【audibleで聴く】「森見登美彦」の小説(四畳半神話体系、 四畳半タイムマシンブルース、有頂天家族 など)

まとめ

※このサイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

四畳半神話体系 2024年04月26日配信予定

森見登美彦さんの代表作、京都を舞台にしたポップなSFファンタジー「四畳半神話体系」。2024年4月、いよいよオーディオブック配信が決定しました。

森見登美彦さんの作品は、1冊完結の物語でとても聴きやすく、はじめてのオーディオブックや、限られた時間で楽しみたい方へおすすめです。

森見登美彦さんの作品はアニメ「四畳半神話体系」で知りました。バカっぽくて面白い。「四畳半神話体系」に先駆け、スピンオフ「四畳半タイムマシンブルース」がオーディオブック化されています。面白く3度も聴いてしまいました。あわせておススメです!

森見登美彦さんの作品

四畳半神話大系

著者

森見 登美彦

ナレーター

馬場 惇平

配信日

2024/04/26

再生時間

12時間00分

あらすじ

私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい! さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

引用:audible(オーディブル)

四畳半タイムマシンブルース

著者

森見 登美彦、上田 誠

ナレーター

田口 尚明

配信日

2021/04/02

再生時間

4時間37分

あらすじ

水没したクーラーのリモコンを求めて昨日へGO! タイムトラベラーの自覚に欠ける悪友が勝手に過去を改変して世界は消滅の危機を迎える。そして、ひそかに想いを寄せる彼女がひた隠しにする秘密……。
森見登美彦の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』。ヨーロッパ企画の代表であり、アニメ版『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の脚本を担当した上田誠の舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』。互いに信頼をよせる盟友たちの代表作がひとつになった、熱いコラボレーションが実現!

引用:audible(オーディブル)

有頂天家族

著者

森見 登美彦

ナレーター

岡本 寛志

配信日

2018/08/26

再生時間

10時間57分

あらすじ

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。
世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。

引用:audible(オーディブル)

夜は短し歩けよ乙女

著者

森見 登美彦

ナレーター

安國 愛菜

配信日

2017/03/15

再生時間

8時間

あらすじ

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作!

引用:audible(オーディブル)

ペンギン・ハイウェイ

著者

森見 登美彦

ナレーター

安國 愛菜

配信日

2017/03/03

再生時間

9時間30分

あらすじ

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

引用:audible(オーディブル)

タイトルとURLをコピーしました